中央を横断する線路と、多数の建物が乱立するマップであるAmiens。
今回の記事ではAmiensの特長と、コンクエストモードの立ち回りを解説します。

Amiensのポイント

2台の戦車が使用可能な、航空機が出現しないマップです。
広めの道路の両端を建物が囲んでいるため、歩兵が隠れつつ裏取りしやすい傾向です。

基本的な流れは、装甲列車が到着するまでの間のみ順三点固め。
装甲列車が到着した後や押され始めた場合は、敵陣側の拠点制圧を意識していきます。

amiens-01

Amiensの立ち回り

大英帝国の初動

大英帝国の初動はDEF狙いで、C橋下からAの裏抜けも狙います。

CEFによる3点維持という選択肢もありそうですが、戦車がCに絡みにくいためD制圧が安定。
D制圧後は線路を利用した敵の裏取りを警戒しながら、建物内の歩兵を丁寧に排除していきます。

amiens-02

ドイツ帝国の初動

ドイツ帝国の初動はABC狙いで、C橋上からFへの裏抜けを狙います。

大英帝国に比べて戦車がCDへ干渉しにくい地形ですが、Dへも主砲が届くC制圧が安定。
C制圧後はDを防衛する戦車に注意しながら、徐々に防衛戦を上げていきます。

amiens-03

中盤

どちらの陣営も順三点のまま、チケット差を徐々に付けていく戦い方が王道。
逆にチケット差が開いた陣営は、裏取りか装甲列車の応援どちらかを選択しなければなりません。

前者は装甲列車を使用しない方法で、敵に発見されないよう線路を利用して移動します。
敵陣到達後に制圧した拠点は可能な限り防衛し、チームメイトのリスポーン地点として機能させます。

amiens-04

逆に後者の装甲列車の応援は、裏取りでは状況が変わりそうにない場合に狙います。
チケット差が開きすぎない程度に手を抜き、拠点数が負けている状況で装甲列車を待ちます。

そして装甲列車が到着したら、まず順三点を狙います。

amiens-05

その後順三点が確定したら、退かせた装甲列車から迫撃砲で支援します。

amiens-06

仮にCDが制圧できそうな場合には4点制圧を行い、チケットの増加速度を速めていきます。

amiens-07

注意すべき点は装甲列車が狙い通り到着するか否かで、裏取りよりもギャンブル性が高いです。

さらに装甲列車到着のタイミングが早過ぎると、装甲列車破壊から不利になりがちですし、
装甲列車到着のタイミングが遅すぎると、チケットの逆転が間に合いません。

そのほか装甲列車の周囲はあまり見通しが良くないため、裏取りに利用するのは適しません。

amiens-08

装甲列車到着後

Amiensにおける装甲列車は、歩兵に与える影響よりも拠点に与える影響が強いです。
到着以後から線路を分断する形でマップに干渉できるため、一度自陣側に下がると不利になります。

仮に防衛戦を下げてしまうと、歩兵・戦車・装甲列車のラインを突破するのは大変困難。
そのため自陣側ではなく、無理をしてても敵陣側の拠点制圧に向かいましょう。

amiens-09

拠点の制圧方法

Amiensは建物の多いマップですが、拠点の制圧範囲内は開けていることが多いです。

制圧範囲内に上空を守るオブジェクトが存在するのは、CDの橋下くらい。
それでも水平面の線路上は見通しが良いため、なかなか安全に制圧することはできません。

拠点の制圧時には全滅を避けるため、プレイヤー同士が1箇所に固まらないようにしましょう。

Amiensの兵器

エリート兵の運用

出現するエリート兵は、Bの火炎放射器兵とEの重機関銃兵です。
どちらも細い通路に密集しがちな歩兵を、まとめてキルできる高い攻撃力を備えています。

その一方で車両も通れる道路に出てしまうと、銃剣や戦車の主砲を受けやすい印象。
そのため移動するのは細い通路に限定し、広い道路は極力避けたほうが良いでしょう。

amiens-10

戦車の運用

Amiensの道路上は障害物が少なく、スムーズに移動できる地形です。
しかし歩兵が隠れることのできる建物が多いため、高い耐久力が要求されます。

そのため戦車枠として向くのは、ランドシップもしくは戦車の2択。
囲まれる心配のない場所で戦闘したり専属工兵がいる場合には、手数の多い軽戦車も活かせます。

そのほか初動で速攻をかけるなら、スピードに優れた自走砲も良いでしょう。

装甲列車の運用

前述の内容で解説したとおり、装甲列車は裏取りではなく順押しで使います。
3つもしくは4つの拠点が制圧できた場合には素直に後退し、迫撃砲でチケット差を付けていきます。

装甲列車は線路上しか移動できないため、無理に前進することは速やかな破壊を招くだけです。

amiens-behemoth