中央に存在する舞踏室の制圧を、両軍で争うマップであるBallroom Blitz。
今回の記事ではBallroom Blitzの特長と、コンクエストモードの立ち回りを解説します。

Ballroom Blitzのポイント

Ballroom Blitzは歩兵が主軸となる造りになっており、戦車や航空機が自由に動きにくいマップです。

対空砲はAEおよびC周辺に配置されており、各拠点の中でもCが最も重要。
Cをどれだけ長く制圧できるかが、他の拠点への絡みやすさに直結すると言えます。

ballroom-blitz-01

また下図の場所が機能するのは、過半数の拠点が制圧できている時のみ。
拠点数で負けているにもかからずここに居続けると、チケット差が開いていくだけです。

ballroom-blitz-11

Ballroom Blitzの立ち回り

初動

どちらの陣営においても優先すべきは、マップ中央にあるC拠点の舞踏室です。
舞踏室さえ確保すれば防衛しやすい拠点が維持できますし、対空砲も2つ確保できます。

ballroom-blitz-02

またBおよびDにも干渉しやすいため、C固めからの進軍も容易。
逆にCを落としてしまうと裏取りにも時間がかかり、チケット差を増加させる要因になります。

ballroom-blitz-03

中盤

Ballroom Blitzの各拠点はほぼ直線上に並んでおり、綺麗な順三点固めが理想です。

もちろん3点制圧できているのであればそれを維持するべきですが、そう上手くいかないのが戦場。
敵に3点を制圧されている場合には、一端Cへの戦力を裏取りへ回すことを検討しましょう。

ballroom-blitz-04

一度敵の防衛線を揺さぶれば、端三点を制圧することも容易です。

ballroom-blitz-05

その後は状況を見ながら逆三点にしたり、本来の目的である順三点を狙っていきます。
重要なのは順三点に固執しないことで、C制圧の可否を早めに判断しなければなりません。

ballroom-blitz-06

ballroom-blitz-07

ballroom-blitz-08

もし敵軍がこちらの思惑に気づきEに行かなかった場合は、Cの制圧を諦めます。

ballroom-blitz-06

ballroom-blitz-08-2

飛行船到着後

敵側に飛行船が到着した場合には、まず飛行船の破壊を狙います。
Ballroom Blitzにおける飛行船はあまり驚異ではありませんが、歩兵の進軍や拠点防衛を阻みます。

そのため制圧済み拠点の対空砲に乗り込み、集中して飛行船にダメージを与え続けます。
ただしCを制圧しているプレイヤーは、飛行船よりもCの防衛に努めます。

Cは舞踏室へ出入りする外周部分に近づかない限り、飛行船の干渉を受けません。
敵軍にCを制圧されることがないよう、飛行船よりも敵歩兵の侵入に注意しましょう。

ballroom-blitz-09

拠点の制圧方法

A・C・Eは制圧範囲内に建物が存在するため、比較的安全に拠点の制圧が可能です。
しかしBおよびDは制圧可能範囲内の上空に遮蔽物がなく、空からの攻撃に無防備な拠点です。

そのためBやDを制圧する場合には、分隊員と固まらないよう意識した位置取りが必要です。
きちんと距離を取ってさえいれば空爆や迫撃砲をうけても全滅せず、蘇生で分隊の維持ができるでしょう。

Ballroom Blitzの兵器

エリート兵の運用

エリート兵はC旗の付近に出現する、重機関銃兵です。

ただし屋外に出ると様々な方向から撃たれたり、兵器によってすぐにデスしがち。
そのため主な運用は、C周辺の建物だけに留めておいたほうが良いでしょう。

ちなみに注意する点は、閉所での毒ガス焼夷グレネードに加えて、
視認しにくい直線上の廊下奥から射出される、対戦車ロケットなどです。

ballroom-blitz-12

戦車の運用

Ballroom Blitzで機能しやすい車両は、耐久力の高いランドシップ重戦車です。
この2種類なら歩兵にとって隠れる場所の多いC周辺や、見通しの良いBやDでも長時間維持できます。

しかし歩兵に優位な軽戦車も、歩兵に囲まれず距離をとれる立ち回りであれば選択肢。
逆に自走砲はどのタイプでも優位性が少なく、あえて選択する必要はないでしょう。

飛行船の運用

Ballroom Blitzにおける飛行船の運用方法は、他のマップと同じく順押しです。
ただし敵軍がCを制圧している場合は、Cへ到達する前に2つの対空砲を破壊しておかなければなりません。

もし2つの対空砲が存在するにも関わらずC上空へ到着すれば、速やかな破壊を招きます。

ballroom-blitz-10