BTO PCの各ショップで行える、ベースモデルの自由なカスタマイズ。
今回の記事では、予算に応じた各パーツの選択方法を解説します。

カスタマイズの流れ

  1. bto-pc-os

    OSの選択

    基本はWindows 10で問題ありません。

    Windows 10で動かないアプリを使用する予定がある場合のみ、Windows 7を選択します。

    ちなみに2017年1月に発売された第7世代のCoreシリーズは、Windows 10のみの対応です。

  2. bto-pc-cpu

    CPUの選択

    最低でもCore i5-6500以上を選択します。

    ただしBattlefield 1の必要環境は、Core i5-6600K以上が条件。

    そのためCore i7-7700が推奨で、余裕があればCore i7-7700Kを選択します。

    参考記事:はじめてのCPU選び

  3. bto-pc-cpu-cooler

    CPUクーラーの選択

    Core i7-7700Kを除き、標準のクーラーで問題ありません。

    しかし、Core i7-7700Kの場合はクーラーが付属していないため、任意のクーラーを選択します。

    そのほかオーバークロックを想定している場合にも、高性能なクーラーを選択します。

    また必要に応じて、CPUグリスを変更しても良いでしょう。

  4. bto-pc-memory

    メモリの選択

    必要とするメモリの容量は、最低8GBです。

    カクツキを抑えやすい容量は16GBで、余裕があれば32GBを選択します。

    参考記事:はじめてのメモリ選び

  5. bto-pc-storage

    ストレージの選択

    予算が限られている場合は、大容量のHDDを1台選択します。

    しかし快適にPCを動作させたい場合には、SSDの導入が必須。

    最低でも240GB以上を選び、複数のゲームを想定する場合には480GB以上を選択します。

    参考記事:はじめてのストレージ選び

  6. bto-pc-graphic-card

    グラフィックボードの選択

    画質を落としても問題なければ、GeForce GTX 960を選択します。

    オススメはGeForce GTX 1060以上で、GeForce GTX 1070だと安心。

    高画質と144Hz駆動を両立させるなら、GeForce GTX 1080を選択します。

    参考記事:はじめてのグラフィックボード選び

  7. bto-pc-optical

    光学ドライブの選択

    基本的には、DVDスーパーマルチドライブを搭載していれば問題ありません。

    ブルーレイの視聴や高画質な映像出力を行う場合のみ、ブルーレイドライブが必要です。

  8. bto-pc-motherboard

    マザーボードの選択

    標準的なマザーボードは、H270チップセットを搭載したものです。

    H270の上位となるZ270ではより耐久性が増し、搭載されている機能も増加します。

    さらにCore i7-7700Kのように末尾にKが付いたCPUでは、オーバークロックも行えます。

  9. bto-pc-sound-card

    サウンドカードの選択

    最近のマザーボードには、ある程度のオーディオ機能が備わっています。

    サウンドカードは、音質に物足りなさを感じた時に導入すると良いでしょう。

  10. bto-pc-power-unit

    電源の選択

    CPUやグラフィックボードを変えない限り、ベースモデルのままで問題ありません。

    しかしどちらかの性能を向上させた場合には、電源容量の強化を行います。

    適切な電源容量は、外部の電源計算サイトを利用しましょう。

    参考記事:はじめての電源選び

  11. bto-pc-pc-case

    PCケースの選択

    ほとんどの場合は、ベースモデルのケースで問題ありません。

    冷却性や静音性、デザイン面に不満を感じた場合にアップグレードを行います。

    ちなみに省スペースが魅力的なミニタワーケースは、熱が籠もりやすいため注意しましょう。

  12. bto-pc-device

    デバイスの選択

    本体に付属するマウスや、キーボードを選択できます。

    ただし安価なモデルは性能面で劣るため、別で注文したほうが良いでしょう。

  13. bto-pc-display

    ディスプレイの選択

    こちらもデバイス同様、別で注文することをオススメします。

    同時購入割引などが無い場合には、割高であることが多いのです。

  14. お疲れ様でした。以上でカスタマイズは終了です。

    最後に本体金額や送料を確認し、決済画面へ進みます。

    参考記事:BF1用のオススメPC