Battlefield 1の必要環境に提示されている、Core i5-6600K。
今回の記事ではこのCPUと、自身がオススメするCore i7-6700を比較します。

仕様比較

CPU Core i5-6600K Core i7-6700
パッケージ
コア
スレッド
4コア
4スレッド
4コア
8スレッド
動作周波数 3.5GHz ~ 3.9GHz 3.4GHz ~ 4.0GHz
キャッシュ L2:1MB
L3:6MB
L2:1MB
L3:8MB
TDP 91W 65W

まず前提として、どちらのCPUもIntel Coreシリーズの第6世代であるSkylakeに属します。
Skylakeが採用されたCPUはLGA1151ソケットに対応しており、現在の主流となっています。

Core i5-6600Kは4コア/4スレッド駆動のCPUで、末尾にKが付くモデル。
そのためZ170搭載マザーボードと組み合わせることで、オーバークロックが可能です。

一方Core i7-6700は4コア/8スレッド駆動のCPUで、末尾にKが付かないモデル。
オーバークロックには対応していませんが、Core i5-6600Kに最大動作周波数で勝ります。

ベンチマーク比較

Battlefield 1でのfpsを比較する前に、Core i5-6600とCore i5-6600Kの性能差を確認します。
まず下のソースによると、Core i5-6600KはCore i5-6600に対して約105%の性能だと言えます。

cpu-world-core-i5-bench

引用元:CPU-World

つぎのソースは、各CPUとGeForce GTX 1080を組み合わせた場合のフレームレート一覧です。
解像度は1080pで画質は最高設定、解像度スケールとUI SCALE FACTORが25%の設定です。

bf1-cpu-bench-dx11 bf1-cpu-bench-dx12

引用元:GameGPU

Core i5-6600Kは表に存在しないため、Core i5-6600 × 105%の想定値を計算しています。
最下部の上昇率はCore i7-6700 ÷ Core i5-6600Kを表し、双方のフレームレート比を表しています。

この試算によると、Core i5-6600KとCore i7-6700では106% ~ 116%の差があるようです。
平均で10%近くフレームレートが向上するのであれば、充分に選択肢となり得るのではないでしょうか。

 最低fps(DX11)平均fps(DX11)最低fps(DX12)平均fps(DX12)
Core i7-6700177190171188
Core i5-6600K
(記載値は想定)
158179147163
Core i5-6600150170140155
上昇率
112%106%116%116%