第8世代インテル Core i7 プロセッサーとなる、モバイル向けCPUのCore i7-8550U。
今回の記事ではクアッドコアとなったこのCPUを、ベンチマークとともに解説します。

Core i7-8550Uの特長

Core i7-8550U 公式サイト Core i7-8550U搭載パソコンを検索する

第7世代のCore i7-7500Uと比較した時、最も大きな違いはコア/スレッド数だと言えます。

第8世代のCore i7-8550Uでは、モデルナンバー末尾にUが付きながらもクアッドコアを搭載。
最大周波数も4.00GHzへと上昇しており、全体的な性能が大幅に向上しています。

またベース動作周波数に着目すると、第7世代より控えめの1.80GHzで駆動する設計。
低負荷時はクロックを抑え高負荷時は優秀な性能を発揮するという、次世代らしい仕上がりです。

そのほかグラフィックも、Intel HD Graphics 620からIntel UHD Graphics 620へと変化。
高画質な3Dゲームをプレイすることは難しいですが、軽い3Dゲーム程度なら第7世代よりも快適です。

Core i7-7500Uとの違い

 Core i7-8550UCore i7-7500U
世代第8世代第7世代
開発コードKaby Lake RKaby Lake
発売日2017 / Q32016 / Q3
プロセス14nm
コア / スレッド数4 / 82 / 4
CPU動作周波数1.80 ~ 4.00GHz2.70 ~ 3.50GHz
キャッシュ8MB4MB
内蔵GPUIntel UHD Graphics 620Intel HD Graphics 620
GPU動作周波数0.30 ~ 1.15GHz0.30 ~ 1.05GHz
対応メモリDDR4-2400 / LPDDR3-2133DDR4-2133 / LPDDR3-1866
DDR3L-1600
最大メモリサイズ32GB
最大メモリーチャネル数2チャネル
対応ソケットFCBGA1356
TDP15W

ベンチマーク結果

※左右の画像は、それぞれ違うパソコンです。
 またCINEBENCH R15のみ、最高値固定の設定で3回目の画像を掲載しています。

CINEBENCH R15

 

PCMark 10

 

3D Mark

 

ドラゴンクエストX

 

ファイナルファンタジーXIV

 

各ベンチマークまとめ

ベンチマーク項目平均値個体A個体B
CINEBENCH R15 OpenGL45.20 fps46.25 fps44.14 fps
CPU(Multi Core)510 cb506 cb513 cb
CPU(Single Core)164 cb168 cb159 cb
PC Mark 10 Score357737093445
Essentials708073026858
Productivity628866775898
Digital Contents Creation279428422746
3D Mark Score492554912849382
Graphic Score513925117951605
Physics Score430004308642914
Ice Storm Graphic Test 1291.63 fps287.95 fps295.31 fps
Ice Storm Graphic Test 2181.11 fps181.31 fps180.91 fps
Ice Storm Physics Test136.51 fps136.78 fps136.24 fps
DQX(720p / Nomal)849884598537
FF14(720p / Note PC)191119061915