マップ中央に存在するCとDが要となる、見通しの良い丘で構成されたEmpire’s Edge。
今回の記事ではEmpire’s Edgeの特長と、コンクエストモードの立ち回りを解説します。

Empire’s Edgeのポイント

前述の通り、CDの重要性が著しいマップです。

双方はマップ中央に存在するうえ、高度が他の拠点よりも高いという構造。
そのため一度制圧すると守りやすい反面、制圧されると制圧し返しにくい特性があります。

そのため他のマップよりもCDの安定性を重視し、制圧されないよう意識しておきましょう。

empires-edge-01

Empire’s Edgeの立ち回り

初動

初動はどちらの軍でも、CDを最速で確保するために航空機での降下を行います。
できればCDの上空へ2つの航空機を利用すべきですが、1つしか使えない場合はDへ向かいます。

Dを制圧すれば火炎放射器兵が出現するため、Cの制圧が少しだけ楽になります。
逆にCを先に制圧するとDを敵に制圧され、火炎放射器兵と対峙することになります。

empires-edge-02

中盤

CDを含めた4点が維持できれば理想ですが、そう上手くいかないこともあります。
そんな時は最も敵陣側にあるGやEに航空機で向かい制圧して、防衛線の変化を待ちます。

AもしくはGの制圧により防衛線が変化したら、CDを絡めた拠点制圧ができる手段を考えます。
ちなみにEはボートや航空機で制圧できるため、無理に歩兵を送る必要はありません。

empires-edge-03

ドレッドノート到着後

敵軍にドレッドノートが到着しても、基本的な立ち回りは変わりません。
CDが制圧できていればそのまま維持しますし、制圧できていなければ裏取りを意識します。

しかしドレッドノートの影響は強く、固まっていると容易に殲滅される威力があります。
そのため過半数の拠点を注意しながらも、ボートや航空機でドレットノートへ攻撃を行います。

この時各所に配置された要塞砲を利用すれば、より効率的にダメージを与えられるでしょう。

empires-edge-04

拠点の制圧方法

拠点の制圧方法は、基本的にD以外は屋内を利用します。
Aはロックできる部屋の中、BFは建物の中、CEは囲いの中、Gは階段の下などです。

そのほかCはリスポーンポイントが露出しているため、Cの制圧中に牽制を振るとより有効です。

empires-edge-05

Empire’s Edgeの兵器

エリート兵の運用

出現するエリート兵は、Dの火炎放射器兵です。
運用範囲はCD周辺と限られていますが、建物内部に入らずとも敵を排除できる強みがあります。

またCやDの旗付近は高度も高く、段差により進軍速度が低下さざるを得ない敵の排除も容易です。

empires-edge-06

戦車の運用

運用する戦車は、基本的に耐久力の高いランドシップ重戦車が向きます。
軽戦車は歩兵の援護が必要になるため運用が難しい反面、CやDの防衛には効果的です。

そのほか対空砲付き自走砲は、敵の航空機のカウンターとして利用します。
初動から出すのも選択肢としてはありますが、地上の戦闘力が低下する欠点があります。

ドレッドノートの運用

ドレットノートは、基本的にCDの制圧支援に使います。
そのほかBFの建物を破壊するのも有効で、敵が建物に固まっている場合には積極的に狙っていきましょう。

「建物内部を歩兵で排除しよう」と考えたとき、有利な防衛側に対するリスクは小さくありません。

empires-edge-07