Battlefield 1のマップ上で取得可能な、エリート兵科のひとつである火炎放射器兵。
今回の記事では火炎放射器兵の立ち回りと、注意すべき点について解説します。

火炎放射器兵の特性

このエリート兵における一番の特性は、広範囲に強力な火炎を放射できることです。
毒ガスであればガスマスクで防げますが、火炎を防ぐ手立ては一般兵に存在しません。

ひとたび火炎を敵兵に纏わせれば、継続ダメージを与えつつ視界を奪うことが可能。
さらに連続して火炎を放射すれば、逃げる時間を与えることなくキルすることも容易です。

また自身が焼夷グレネードやガスグレネードの影響を受けないことも、大きな強み。
敵兵がこちらの侵攻時間を稼ぐためこれらを使用しても、臆すること無く突撃できます。

一方火炎放射器兵の欠点は、他のエリート兵と同様に移動速度が遅いこと。
加えて視界が悪く、火炎放射中はとくに正面の敵兵を視認しにくくなることです。

そのためデス覚悟で正面から銃剣突撃を行う敵兵には、対処しにくい傾向にあります。
ちなみに火炎放射器兵は、分隊構成やスコアボードの兵科マークで確認できます。

flame-trooper-1

火炎放射器兵の立ち回り

火炎放射器兵の基本的な立ち回りは、一般歩兵の戦闘に立ち敵兵の排除を行うことです。
この時看護兵は背後に位置し、包帯ポーチをQボタンで投げつけて支援します。

火炎放射器兵の体力が充分にある場合は、後ろの看護兵は火炎放射器兵の前方を注視します。
そして敵兵による火炎放射器兵への銃剣突撃を成功させないよう、自動式ライフルで援護しましょう。

flame-trooper-2

焼夷グレネードとは

火炎放射器兵だけでなく、一般兵も装備可能なグレネードです。
着弾地点に火を放ち、接触したプレイヤーにダメージを与えます。

incendiary-grenade

特長としては、一度プレイヤーに火が付くと継続してダメージを与えること。

火が付いたプレイヤーは、素早く伏せて火を消さなければなりません。
火が付いたあともダッシュで移動していると、本来よりも大きなダメージを負います。

火炎放射器兵における有効な利用方法は、プレイヤーが隠れそうな場所に使用すること。

焼夷グレネードはガスグレネードと違い、マスクで対策することができません。
火を嫌がって障害物から出てきたら、メインウェポンで素早く体力を奪います。

仮に焼夷グレネードを喰らっても、伏せてやりすごそうとするプレイヤーがいる場合には、
逆にこちらから接近し、無防備な体にメインウェポンで追い打ちを掛けると良いでしょう。

注意すべき点

そのほか火炎放射器兵は、車両にもダメージを与えることができる兵科です。
障害物に隠れつつ車両に火炎を放射し続ければ、時間はかかるものの破壊まで行えます。

しかし戦車の主砲を受けると一撃でデスしてしまうため、位置取りに注意しましょう。