Battlefield 1では出撃時に任意で選択可能となっている、4種類の車両枠。
今回の記事では最も選択される確率が高いであろう、重戦車について解説します。

重戦車の特性

重戦車の利点は、重厚な装甲とリスポーン地点として機能することです。
他の車両枠に比べ破壊されにくく、緊急修理により突然のダメージにも対応できます。

またリスポーン地点として選択できることから、素早い拠点制圧にも貢献。
リペアツールを装備した援護兵がリスポーンしてくれれば、より強固な移動要塞となります。

逆に重戦車の欠点は、移動速度の遅さとそのサイズです。

他の車両枠に比べ重いため、坂の上り下りにはとくに時間がかかります。
加えてサイズも大きいですから、被弾する可能性が高まることも忘れてはなりません。

ちなみに救済手段として、一定確率で対戦車砲や対戦車ロケットを弾く跳弾機能を備えています。

heavy-tank-01

重戦車の種類

突撃重戦車

最もベーシックな性能を備えた重戦車です。

最大6人まで搭乗でき、ガジェット枠には広範囲に効果を持つ煙幕を搭載。
そのため非常時における回避能力は、他の重戦車の追随を許しません。

totsugeki

突破重戦車

チームメイトへの支援性能に優れた重戦車です。

最大4人まで搭乗でき、ガジェット枠には回復能力と補給能力を備えた物資補給を搭載。
突撃兵とともに進軍すれば、援護兵が存在しない状況下でも高い対戦車能力を維持できます。

しかし主砲のスプラッシュ能力が低く、歩兵への対応力が欠点。
他の重戦車と違い、歩兵をキルするには主砲を直撃させなければなりません。

toppa

火炎放射重戦車

近距離への歩兵対策に優れた重戦車です。

最大5人まで搭乗でき、ガジェット枠には周囲に継続ダメージを与えられるガス散布装置を搭載。
万が一敵歩兵を近づけてしまった場合にも、ある程度のカウンター対策となりえるでしょう。

kaenhousya

選択すべき重戦車

重戦車にはそれぞれ特性があり、状況により選択すべき種類が変化します。

まず突撃重戦車を選択すべき状況は、主に拠点制圧や裏取りを目的とした時です。
最大6人搭乗できるため、席が埋まることによるリスポーン詰まりが起こりにくいです。

他の重戦車では席が少ないため、降りないプレイヤーがいるとただの棺桶になりかねません。

つぎに突破重戦車を選択すべき状況は、チームメイトと固まって動ける時です。
補給物資の支援能力は高く、対戦車グレネードや対戦車ロケットが使い放題となります。

また他の重戦車と違い、2番席と3番席にスプラッシュ判定付きの榴弾砲を搭載。
そのため障害物に隠れている歩兵にも、一定の効果を期待することができます。

しかし席が少ないためリスポーン詰まりが起きやすく、拠点制圧には向かない傾向です。

最後に火炎放射重戦車を選択すべき状況は、障害物の多いマップを移動する時です。
火炎放射は当て続けなくともダメージを与えられるうえ、広範囲への攻撃が可能です。

しかもこの火炎放射は車両にも判定があるため、主砲と組み合わせることで車両対策に効果を発揮。
その反面ガス散布装置の効果範囲は狭く、すぐにガスマスクを被られると無意味になります。

そもそも火炎放射が存在するにもかかわらず、敵歩兵をガスの効果範囲内まで近づけてはいけません。