一瞬の反応速度が要求されるゲームジャンルで重要な、リフレッシュレート。
今回の記事ではリフレッシュレートとも呼ばれる、垂直走査周波数について解説します。

垂直走査周波数とは?

リフレッシュレートとも呼ばれる、ディスプレイの表示が1秒間に更新される回数のこと。
Hzで表記されるこの数値が高ければ高いほど表示が滑らかになり、カクツキを感じにくくなります。

一般的な液晶ディスプレイは60Hzですが、ゲーム向けのモデルでは120Hzが標準。
中には144Hzや240Hzのモデルがあり、上位を狙うなら必須のデバイスとなっているようです。

注意点は高リフレッシュレートを維持するため、高性能なPCが必要なこと。
なぜなら貧弱なCPUやグラフィックボードでは、画面を高速で切り替えることができないのです。

各リフレッシュレートの違い

文面では画面表示の滑らかさが伝わらないので、gifアニメを作成してみました。
実際の表示回数は表記どおりではありませんが、ある程度の違いはわかるのではないでしょうか。

refresh-rate

60Hzや30Hzでは移動量が大きいため、瞬間移動のようにカクついて見えると思います。
このカクツキは実際のゲームにも反映されるため、120Hzや144Hzのディスプレイが人気なのです。

リフレッシュレートを稼ぐには

ディスプレイが対応するリフレッシュレートを活かすには、平均fpsが大切です。
仮に144Hzのディスプレイを用意しても、平均60fpsしか出ていなければ無駄になります。

そのため容易にfpsの向上を狙うのであれば、より高性能なCPUやグラフィックカードを導入しましょう。
そうすれば現在の画面表示を保ったまま、滑らかな画面でゲームを楽しむことができます。

しかしコストをかけずfpsを上げたいという場合には、下記の2つの方法を試します。

まず第1の方法は、画質を変更すること。
視野やテクスチャの品質、アンチエイリアスなどの項目を変更することで、PCへの負荷が減少します。

ゲームの臨場感は損なわれますが、勝つことを目的とするなら低画質でのプレイは常。
画質の低下が気になるなら、目的とする平均fpsが維持できるまで設定を詰めていきましょう。

つぎに第2の方法は、解像度を変更すること。

通常1,920×1,080のディスプレイであれば、解像度を1,920×1,080に設定すべきです。
すると画面がクッキリハッキリ表示され、明瞭な環境でゲームをプレイすることができます。

逆に解像度を下げると画面がボヤケ、索敵がままならないことも……

しかし解像度を下げれば、画質の変更と同じくらいPCの負荷を減少可能。
つまりこの2つの方法を行うことで、CPUやグラフィックカードの新調が不要となるのです。