マップに点在する風車が、印象的なマップであるSt. Quentin Scar。
今回の記事ではSt. Quentin Scarの特長と、コンクエストモードの立ち回りを解説します。

St. Quentin Scarのポイント

偶数拠点のためチケット差が開きにくい、歩兵と兵器のバランスが保たれたマップです。
拠点制圧範囲の建物は多いですが、各拠点の移動には開けた場所を利用しなければなりません。

そのため航空機が猛威を振るいそうですが、各拠点ごとに対空砲が存在。
意識して対空砲を利用すれば、航空機による被害を大きく抑えることができるでしょう。

st-quentin-scar-01

ただしDとBに存在する対空砲は、拠点の制圧状態によって利用の可否が変化します。
連動する拠点を制圧していない場合には、偵察兵の標的になるため注意が必要です。

st-quentin-scar-02

St. Quentin Scarの立ち回り

大英帝国の初動

大英帝国で制圧したい拠点は、DEFの3点です。

CEFの3点も悪くありませんが、マップ中央に存在するDE間の対空砲が重要。
この対空砲を活かすにはDEの制圧が条件となっているため、やはりDEFが安定です。

ちなみに初動はDに直接向かっても良いですが、Bを制圧する姿勢を見せたほうが効果的。
主目的のDには爆撃機でBに向かう間に1人降下させ、残りの分隊員でBの制圧を狙います。

Bの制圧を最重視する場合には、全力B降下。
その後Bからチームメイトをリスポーンさせ、少人数でDへ下ることも選択肢です。

またプレイヤーを降下させた爆撃機は、その流れでAの牽制へ向かうと良いでしょう。
上手くいけば、敵軍の歩兵・戦車・対空砲の3つに大きなダメージを与えられます。

st-quentin-scar-03

ドイツ帝国の初動

大英帝国で制圧したい拠点は、ABCの3点です。

ABCにはいずれも対空砲が存在し、AB制圧下なら2つ、C制圧下なら1つの合計3つ使用可能。
ABDの3点も悪くありませんが、Dの建物が大英帝国側に位置しているためリスクが大きいです。

ちなみに初動は爆撃機でDに向かい、B周辺の上空でB制圧隊とC制圧隊に分解。
牽制の意味も込めてD制圧隊を降下させたのち、敵が制圧中のEに牽制を行います。

E付近の対空砲はFしかありませんから、ほぼ対応されることはないでしょう。

st-quentin-scar-04

中盤

基本的な動きは、大英帝国DEFとドイツ帝国ABCで固いです。

しかしそれでは戦況が動きませんから、状況を見て敵軍に最も近い拠点AFの制圧も狙っていきます。
このとき大英帝国がAを制圧すると、Aの対空砲だけでなくBの対空砲も掌握できます。

なぜならBの対空砲は、A制圧下において狙撃されるためです。

st-quentin-scar-05

飛行船到着後

敵軍に飛行船が現れた場合は自陣側拠点の意識は完全に捨て、敵陣側拠点の制圧を狙います。

St. Quentin Scarにおいて飛行船の影響は大きく、自陣側を守ろうとすると崩壊必至。
このとき敵側の拠点からリスポーンできないと、自陣を嵌められてあっけなく敗北します。

st-quentin-scar-06

拠点の制圧方法

St. Quentin Scarの各拠点には、上空からの攻撃を避けつつ制圧可能な建物が存在します。
敵に位置を予測されやすいという欠点はあるものの、制圧時に利用すると比較的安全です。

st-quentin-scar-07

St. Quentin Scarの兵器

エリート兵の運用

出現するエリート兵は、BとEの対戦車兵です。

Bではその高度を利用して、DやCに対する車両の牽制を。
Eでは周囲の建物を利用して、射撃地点を予測されないよう立ち回ります。

敵歩兵に接近されたらサブウェポンのソードオフショットガンに切り替え、確実にキルします。

st-quentin-scar-09

戦車の運用

St. Quentin Scarは各拠点の距離が近く、建物も多く存在するマップです。
そのため歩兵が進軍しやすく、あえてランドシップ重戦車を選択する必要はないでしょう。

つまり建物内部の牽制に役立つ軽戦車や、主砲・副砲の両武装が同時に使用できる自走砲も選択肢。
ただし拠点が押し込まれている場合は、リスポーン可能な戦車で前戦を押していきます。

航空機の運用

航空機のパイロットを悩ませるのが、各拠点に存在する対空砲です。
安全に航空機を運用するのであれば、地上の歩兵や兵器よりも先に対空砲を破壊しておきます。

また飛行船到着後は対飛行船攻撃機を選択し、積極的に飛行船にダメージを与えましょう。
そうすれば飛行船が戦況に与える効果を、限り無く減少させることができます。

air-rocket

そのほか敵側に飛行船が到着している拠点が自陣側にしかないという条件を満たした場合、
航空機を利用した戦闘は諦め、パラシュート降下による敵陣側の拠点制圧を最重要視しましょう。

St. Quentin Scarにおける飛行船は全拠点に干渉できるため、押し込まれると取り返しが付きません。

飛行船の運用

St. Quentin Scarにおける飛行船の運用はシンプルで、ただ防衛戦を上げるだけです。
制圧目標の拠点に向かう地上の歩兵や兵器を上空から支援し、新宮速度と安全性を向上させます。

また歩兵や兵器のプレイヤーの場合、拠点に到着したらまず対空砲を破壊します。
そうすることで自軍の飛行船をより長く維持させることができ、結果勝利に繋がります。

st-quentin-scar-08