24時間連続稼動を視野に入れて設計された、Seagate VideoシリーズのST3000VM002。
今回の記事では低消費電力・低温度動作・低平均故障率を実現する、この3TB HDDをレビューします。

 ST3000VM002 の詳細を見る

ST3000VM002の特長

24時間連続稼動対応
DVRデバイスのニーズに応じ、常時稼働向けに設計されています。
静かなドライブ動作
映像の視聴を邪魔しないよう、動作音が抑えられています。
低消費電力
高い性能を維持したまま、省電力型家電のニーズに適合します。

商品説明


今回は外付HDDのSGD-NX030UBKを分解して取り出したため、パッケージはありません。


Western DigitalのHDDに慣れているからか、白と黒のシンプルなラベルに驚きました。

コネクタを下にした場合、SeagateのHDDはラベルが逆向きになります。


HDDの裏側に存在する基板です。
前回紹介したST4000DM005と比べ、見た目の違いはほぼなさそうです。


SATAコネクタ周辺です。


SATAコネクタの工作精度に問題は見られません。


今回の3TB HDDであるST3000VM002の重量は、約620gでした。

ディスク情報

SATA 6G環境にて計測しました。

ベンチマーク

CrystalDiskMark

CrystalDiskMark Ver.Shizuku

ATTO Disk Benchmark

まとめ

自身が初めて使用することとなった、Seagate Videoシリーズの3TB HDDです。
他のシリーズとの違いは常時稼働向けに設計されていることで、信頼性が向上しています。

それは低平均故障率 (AFR) にも現れており、それを裏付ける3年保証も付属。
もちろん消費電力や動作音にも配慮され、ストレスを感じることはまずないでしょう。

また1.33TBプラッタのST4000DM005には及ばないものの、高い転送速度を発揮。
転送速度と信頼性を天秤に掛け、どちらかといえば後者を重視する場合に適したHDDだと言えます。

  • 通常用途として充分な読み書き速度
  • 0.55%という低平均故障率(AFR:Annualised Failure Rate)
  • 比較的安心できる3年間保証
  • 3TBのHDDとしては割高
  • アクセス時に多少音がする