SMR(Shingled Magnetic Recording)方式を採用した、3.5インチ4TB HDDのST4000DM004。
今回の記事では高密度化技術により更なる大容量化を果たした、この薄型HDDをレビューします。

 ST4000DM004 の詳細を見る

BarraCudaシリーズ紹介動画

ST4000DM004の仕様

旧モデルST4000DM005との比較表です。
表記データの一部は、CrystalDiskInfoの数値を採用しています。

参考記事:ST4000DM005 1.33TBプラッタ採用HDD レビュー

型番ST4000DM004ST4000DM005
JANコード07636490944020763649110546
シリーズ名Barracuda
容量(実容量)4000 GB(3726 GB)
セクター方式4096 Byte
ヘッド / ディスク4個 / 2枚6個 / 3枚
インターフェースSATA 6 Gb/s
最大転送速度190 MB/s180 MB/s
回転数5425 rpm5980 rpm
キャッシュ256 MB64 MB
保証期間2 年

ST4000DM004の特長

2TBプラッタ採用
旧モデルの1.33TB/プラッタから、飛躍的に向上しています。
2プラッタ構成
プラッタ数が減少したことにより、薄型かつ軽量になりました。
回転数5425rpm
CrystalDiskInfo読みで、低騒音の5425rpmを示しています。

商品説明


Barracudaシリーズ共通のパッケージです。


背面には商品の簡単な特長が記載されています。


詳しい内容は公式サイトを確認すると良いでしょう。


型番はパッケージ上部の右側で確認できます。


パッケージを開封したところです。
大きなエアキャップの袋に入っています。


エアキャップの袋を取り除いたところです。
HDDが薄手の静電気袋で保護されています。


HDD本体です。


SeagateのHDDでラベルをこの方向にした場合、SATA端子は上にあります。


HDDの裏面です。


基板の近景です。


SATA端子の近景です。

 
HDDの正面と背面です。


今回の4TB HDDであるST4000DM004の重量は、約431gでした。

ディスク情報

CrystalDiskInfo

ベンチマーク

CrystalDiskMark

CrystalDiskMark Ver.Shizuku

ATTO Disk Benchmark

HD Tune

ST4000DM005との形状比較


左が新モデルのST4000DM004で、右が旧モデルのST4000DM005です。


基板の形状はほぼ変わりませんが、実装されている部品数に大きな違いがあります。

 
HDDの正面と背面です。


手前が新モデルのST4000DM004で、奥が旧モデルのST4000DM005です。

 
幅と長さに違いは見られませんが、厚みはST4000DM004のほうが約5.8mm薄いです。

まとめ

旧モデルの1.33TBプラッタから約150%もの容量増加を果たした、2TBプラッタ採用の4TB HDDです。
元々高速なシリーズではあるものの、僅かながらさらに転送速度が向上しています。

また6ヘッド/3プラッタ構成から4ヘッド/2プラッタ構成に変わり、部品点数が減少。
そのため耐久性が期待できるうえ、筐体の厚さが約25.6mmから約19.8mmへと薄くなっています。

そのほか駆動音もほぼ聞こえず、4TBで最安のコストを誇る点も人気1位を支える要因でしょう。

しかし注意すべきはSMR方式を採用していることで、ランダムアクセス時の速度低下が懸念事項。
そのためメーカーが推奨しているとおり、バックアップ用として導入すべきでしょう。

  • さらに転送速度を向上させた、2TBプラッタ採用
  • 部品点数が少ない4ヘッド/2プラッタ構成で、耐久性が期待できる
  • 駆動時の騒音がほぼ感じられず、エアフローを阻害しない薄型設計
  • SMR方式のため、ランダムアクセスを要求する環境に向かない