1.33TBプラッタを採用したことで、3プラッタ構成となったST4000DM005。
今回の記事では高速性と信頼性に期待できる、この4TB HDDをレビューします。

q?_encoding=UTF8&ASIN=B01LZ5PED5&Format=_SL250_&ID=AsinImage&MarketPlace=JP&ServiceVersion=20070822&WS=1&tag=utf-8-e3-22ir?t=utf-8-e3-22&l=li3&o=9&a=B01LZ5PED5 ST4000DM005 の詳細を見る

BarraCuda 紹介動画

ST4000DM005の特長

1.33TBプラッタ採用
1枚当たりのデータ量が増え速度が向上した、1.33TBプラッタ採用です。
3プラッタ構成
旧モデルに比べプラッタ枚数が1枚減り、故障率低減に期待ができます。
回転数5900rpm
静音性・省エネ性・速度のバランスに優れた、回転数5900rpmです。

商品説明

st4000dm005-01-360x270

蛇のようなキャラクターが中央に鎮座する、グリーン基調のパッケージです。

st4000dm005-02-360x270
パッケージ裏面には、1日8時間x5日駆動、MTC技術、年間55TBの作業負荷率などが記載されています。

st4000dm005-03-360x270
パッケージ天面には、2年保証やST4000DM005という型番について記載されています。

st4000dm005-04-360x270
開梱すると、大きなエアキャップに包まれたHDDが現れます。

st4000dm005-05-360x270
エアキャップを取ると、さらに静電気防止袋で保護されたHDDが現れます。

st4000dm005-06-360x270
静電気防止袋を取ると、やっとHDD本体とのご対面です。

st4000dm005-07-360x270
SegateはWestern Digitalと違い、コネクタ側を下にするとシールが逆さになります。

st4000dm005-08-360x270
HDDの裏側に存在する基板です。

st4000dm005-09-360x270
SATAコネクタ周辺です。

st4000dm005-10-360x270
工作精度に問題は見られません。

st4000dm005-11-360x270
今回の4TB HDDであるST4000DM005の重量は、約605gでした。

ディスク情報

st4000dm005-info

ベンチマーク

CrystalDiskMark

st4000dm005-benchmark-720x437

CrystalDiskMark Ver.Shizuku

st4000dm005-shizuku-720x456

ATTO Disk Benchmark

st4000dm005-atto-720x366

まとめ

1.33TBプラッタの性能を遺憾なく発揮する、高速性能が特長の4TB HDDです。
その速度は、読み書きともに最大200MB/sのベンチ結果を見れば明らかです。

また旧モデルに比べると静音性も増しており、書き込み時に僅かな音がする程度。
常に音楽を聴きながら作業をしている自身には、全く気にならないレベルだと言えます。

大容量なうえに実速度も期待できるため、コストパフォーマンスは優秀そのもの。
容量に余裕のあるSSDは依然高価ですから、多数のゲームをするユーザーにオススメです。

――思いのほか良い結果が出て、自身が持つHDDへの抵抗感が少なくなりました。

  • 1.33TBプラッタによる高速性
  • 3枚というプラッタ枚数
  • 常用に支障のない静音性
  • 将来的な耐久性(直近で故障率が高い旧モデルが存在していたため)
  • 2年間という保証期間の短さ

ちなみにAmazon.co.jpでは、保証期間が3年に延長されたST4000DM005/EWNも販売されています。