リリース時とアップデート後で、唯一拠点数が変化したマップであるSUEZ。
今回の記事ではSUEZの特長と、コンクエストモードの立ち回りを解説します。

SUEZのポイント

SUEZは直線上の5拠点と、拠点周囲の建物で構成されているマップです。

suez-01

そのため初動の動きが重要で、順三点を確保できるかが争点。
初動での拠点確保に失敗すると、ラウンド開始から大きなリスクを負うことになります。

ちなみにマップの高低差は画像上部の線路側が低く、画像下部が高い状況。
裏取りを狙うなら、前者よりも後者を選択する方が対処されにくい印象です。

suez-02

順三点の例図

suez-03

SUEZの立ち回り

初動

初動はスピードの速い馬を利用して、マップ中央のCを目指します。
この時分隊員はリスポーンせず、Cに到着した騎兵が馬から降りた後でリスポーンします。

ちなみに障害物の少ないC旗周辺は、狙われやすいことが欠点。
そのため状況によっては、比較的安全に制圧できる線路側の建物を利用することも悪くない選択肢です。

suez-05

中盤

基本的に維持する拠点は、自陣側の2点に中央のCを絡めた順三点です。

しかしずっと維持できる状況は少なく、しばしば裏取りされることも。
裏取りされた際に注意すべき点は、自陣攻めをしないことです。

もし自陣側が制圧されたとしても戻らず、敵側の拠点の制圧に向かいましょう。
そうしなければ、拠点を順番に制圧されて身動きがとれなくなります。

suez-06

装甲列車到着後

線路側に位置する装甲列車は、マップのほぼ半分に干渉できる強力なもの。
そのため敵側に装甲列車が到着した場合には、裏取り意識をさらに強めましょう。

装甲列車が到着する前と同じ拠点意識だと、敵に過半数の拠点が制圧されやすいです。
自陣側に押し込まれることがないよう、敵側の2拠点どちらかの維持は確実に行いましょう。

suez-07

拠点の制圧方法

SUEZにおける安全な拠点の制圧方法は、拠点旗から線路側に位置する建物です。
BCDのいずれも画像下側が開けており、制圧しつつ敵を対処することが容易になります。

ただし装甲列車の影響はより高まりますから、制圧時は常に装甲列車の位置に注意しましょう。

suez-04

SUEZの兵器

エリート兵の運用

出現するエリート兵は、Cの重機関銃兵です。
しかしSUEZにおけるエリート兵の影響は限定的で、大変立ち回りが難しいです。

最も活きそうなのは、Cにある砂丘を遮蔽物として利用しながらのD牽制。
周囲の建物を利用したB攻めも一見活きそうですが、銃剣特攻への安定した対策がありません。

suez-11

戦車の運用

SUEZで選択すべき戦車は、リスポーンポイントとして機能するランドシップもしくは重戦車です。
SUEZは裏取りがしにくいマップですから、戦車で安全な位置を進みつつ敵陣を目指します。

仮に目的とする3拠点が制圧できた場合には、歩兵の処理能力に優れる軽戦車も選択肢。
ただし軽戦車は重戦車に比べて耐久力が少ないため、前戦より1歩退いた位置取りが理想です。

馬の運用

SUEZでの馬の運用は、初動と中盤の2種類に分けられます。

初動ではC拠点への制圧に利用し、素早く前戦に向かいます。
一方中盤では裏取りに利用し、歩兵の排除用として利用しない方が良いでしょう。

とくに戦車乗りが軽戦車を選択している場合には、裏取り用に移動することが肝要。
軽戦車はリスポーンポイントとして利用できないため、馬を利用するほかありません。

装甲列車の運用

Battlefield 1に存在するマップの中で、SUEZは装甲列車の影響が強い傾向にあります。
そのため味方側に装甲列車が到着した場合は、敵側に進んで最も敵側の拠点を制圧します。

suez-08

仮に自陣側3点を維持できた場合には、装甲列車を安全な位置まで戻して砲撃で支援します。

suez-09

逆に敵側に装甲列車が到着した場合には、歩兵で敵側の拠点を制圧を狙います。
最も意識すべき点は、自陣側の拠点にこだわりすぎないことです。

suez-10